[Contact]   [English]  
Home  |   Research  |   Lecture  |   Publications  |   Products & Services  |   People  |   Links  |  


Home > Research > Shield sensor >

■静電誘導を利用したCFRPに対する異物の衝突モニタリング

 ・スライド



 ・論文

Masahiro Suzuki, Yoshiro Suzuki, Akira Todoroki, Yoshihiro Mizutani, Collision Monitoring of Foreign Object on CFRP Laminate Utilizing Electrostatic Induction, IEEE Sensors Journal, Vol. 18, No. 2, pp. 613-622, Nov. 2017.

鈴木 壯大, 鈴木 良郎, 轟 章, 水谷 義弘, 静電誘導を利用したCFRP積層板に対する帯電体の衝突位置同定, 日本機械学会論文集, 82巻, 843号, 2016.

2017年度修士論文「静電誘導を利用したCFRP積層板に対する異物の衝突モニタリング」

■耐雷用シールドを用いたFRP製航空機の全域衝撃モニタリング

繊維強化複合材(FRP)製の航空機体が衝撃荷重を受けた際に,荷重位置を瞬時に誤差3cm以下で特定する手法を開発しています.FRP機体は銅メッシュなどで覆われています.これにより被雷時に受ける大電流は表面の銅を流れるため,内部構造保護のために欠かせません.銅メッシュと機体の間に感圧導電体(与えられた力に応じて電気抵抗が変化する)から成るシートを挟むことで“機体全域を覆う荷重センサ”となります.衝撃時の感圧体の抵抗変化の計測結果などから荷重の大きさと位置を瞬時に取得できます.このとき銅メッシュは耐雷機能・荷重位置センサ機能・感圧体と計測器を結ぶ配線機能の三役を担います.雷シールドをセンサや配線として兼用するため,他のセンサ搭載コスト,搭載スペース,配線設置スペースを要しません.耐雷シールドを他用途に利用する試みは他にありません.真新しさだけでなく,実用性(経済性,実装の簡便さ,検査精度)も高いため,本格的な実用化を目指して開発に取り組んでいます.

 ・スライド



 ・論文

Yoshiro Suzuki,Toyoaki Suzuki, Akira Todoroki, Yoshihiro Mizutani, Smart lighting protection skin using QTC pills for aircraft realtime load monitoring, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.1, No.4, pp. 1-11, 2014.

Yoshiro Suzuki,Toyoaki Suzuki, Akira Todoroki, Yoshihiro Mizutani, Smart lightning protection skin for real-time load monitoring of composite aircraft structures under multiple impacts, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, Vol. 67, pp. 44-54, 2014.

tsuzuki

Copyright© 2006-Todoroki Lab. All rights reserved.